Eee Slate B121


2012年4月上旬に発売されたAsusのEee Slate B121の個人的な感想メモです。


筆圧の設定。
公式サイトからドライバーのダウンロード、インストール後、ディバイスマネージャーからドライバを手動で設定すると筆圧感知できるようになります。
参考:
ttp://kuroneko.s28.xrea.com/blog/archives/2011/11/—eee-slate-b1.shtml
ttp://blog.kazashino.org/archives/tag/ep121

筆圧はwacomのドライバの設定画面から弄った後、アプリ側(IllustStudio)で弄って終わり。
設定ファイルなど弄る方法もあるようですが、まぁ、別に…(訳:わからん

位置調整の4点ポチポチはペンのカーソルが見えるような位置に少しずらして設定すると使いやすいかも。
(本当に手が邪魔でした。アナログではそんなに不便に感じないんですけどね…;)


タッチ入力専用コントローラーのインストール。
ttp://39kasen.sakura.ne.jp/rawinputcontroltest/
超 便 利。
これあればとりあえずキーボードなくてもそこそこお絵かきできます。
私は設定弄ってキー少し変更して使ってます。


アプリ。
とりあえずIllustStudio、SAI、PainterⅨ.5をインストール。
目的は線画作成なのでIllustStudio以外はほとんどお遊び程度にしか使用してません。
(板タブと液タブだと筆圧がかなり違うので、Painterで色塗りできるようになるまでにはかなり調教しないとだめかなーという印象。)
因みにインストールに必要なCDドライブですが、ネットワーク経由でメインマシンのを流用しました。
買わなきゃダメかなーと思ってたのですが、アプリのインストールぐらいならこれで大丈夫みたいですヤッター


ペン入力機能とタッチ機能。
ペン入力の方は、Win7でとりあえず切っておけという機能は全部切りました(メインマシン同様)。
ttp://d.hatena.ne.jp/takhino/20091103/1257226350
メインマシンで使ってる分にはマウスがついてるので右クリックのジェスチャーは必要ないのですが、お絵かき用途ということでバッサリ切っちゃったのでそこが不便かな…。
タッチ機能も全部オフ。先の専用コントローラー以外では指では反応しないようにしました。


色調整と画面の明るさ。
グラフィックドライバ側?で彩度を少し上げてます。
ディスプレイは綺麗ですがメインの作業環境と比べればやっぱり劣るので…。
画面の明るさは、一番暗くしても明るくて目が痛いのでここらへんで調整。
ttp://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se361290.html
タッチ入力コントローラーとコレをスタートアップに設定しておくと便利。


ペン。

上がIntuos3のペン(普段使ってるペン/もちろんB121では使用不可)で、下がB121付属のペンにIntuos3のグリップ被せたものです。
細くて非常に持ちにくくて、かといって代替になりそうなペンはどれも結構なお値段がするので、グリップ被せて妥協しました。
PCの設定上右クリックが死んでるのでボタンあると便利なんでしょうけど、書き味と値段のいい妥協点がここらへんかと…。
(ちなみにボタン用の穴の開いてないグリップも売ってるみたいです/っていうかそれを買った)
ペン先はIntuos3のフェルト芯を使ってます。程よく摩擦ができ、画面も傷つかず(あとは残るのでこまめに拭いた方がいいと思います)描きやすいかなーと(さすがに楊枝芯は使えないですね;)。


使用感メモ。
・最初は慣れませんでしたが(手は邪魔だしあんまり精度よくないし/よくないことは承知の上での購入ですが、やっぱりなーという感じ)、慣れてくるとこれはこれで面白いです。
・板タブとどっちが作業早いか、と言われるとどっちもどっちかなーという印象。やっぱ画面が小さいのがネックかな…。
・どこでもコレ1つで作業できるというのは非常に強いと思います。絵描きはどうしてもモニタにペンタブに、と道具が必要になってきちゃうので…。
・板タブとでは姿勢が変わるので肩こり持ちには長時間作業はツライと思います…。板タブって結構姿勢いいよね…。

何か気づいたり思い出したら追加していきます。

2013/01/11追記
ドライバ探して検索されてる方が多いのでググってきました。
ttp://support.asus.com.tw/download/download.aspx
左上の「モデル名」で検索、に「B121」を入力すると該当製品が出てくるので、クリックしてOS選択。ドライバーダウンロードページが表示されます。


記事書いてから半年ちょっと経ってますが、どれぐらい使ってるの?と聞かれると、作業にはほぼ使ってない、と答えてしまいますね…(ネットと、サブでもできる処理とか、あと落書き
ヒッキー故お外に持っていくこともまずないですが、やはり画面の狭さ(メインは1600*1200)と精度?の悪さ(メインはintuos3)がネックですね。あとペインタ(9.5)がまともに動かない。
サブ機でノートPC欲しいなぁという人が選択肢に上げる、というのがちょうどいいと思います。
(私もそうでした/サブ機が9年もののノートでして…;)

因みに今まで使ってて、これは描きやすい、と思ったのは漫画の下書きでした。アナログに近い感覚で拡大縮小左右反転Crtl+Z(あとレイヤー)は最強でした。
(使用ソフトはクリスタ)